安全なウェブカメラの使用:誰があなたを監視していますか? | VPN概要

ライブビデオを伴う電話での会話のアイデアを最初に私たちに紹介したのはJetsonsであった可能性があります。ただし、現実が実現するまでには数十年かかります。コンピューターに接続されたWebカメラは、ライブビデオ通話をストリーミングしたり、Facebookでライブビデオをブロードキャストしたり、YouTubeや他のアウトレットに自分のビデオを投稿したりできます。ただし、プライバシーを重視する場合は、Webカメラが本当に安全かどうかについて懸念を抱く可能性があります。いくつかの簡単な手順でウェブカメラのハッキングから身を守ります.


ウェブカメラスパイ–現実またはパラノイア?

誰かがあなたのウェブカメラを通してあなたをスパイしているのを心配することは少し偏執的で、おそらくプライバシーの懸念を取りすぎているように見えるかもしれません。しかし、2016年のInstagramユーザーは、Facebookの創設者であるマーク・ザッカーバーグの写真を背景に、コンピューターのウェブカメラにテープを貼って2016年に警告しました。だから、多分その考えはクレイジーではない.

多くの場合、ハッカーがあなたのウェブカメラを制御することは笑えるほど簡単です。実際、多くのハッカーは単に娯楽のためにそうしています。妥協する立場にある人々の秘密の録音は、ポルノサイトや暗いウェブでも利益を生む可能性があります。多くの人はこのアイデアを熟考したくないかもしれませんが、プライバシーに関心がある人はウェブカメラを安全に使用するための簡単な方法を見つけることができます.

あなたのウェブカメラにアクセスできる人?

ウェブカメラへのアクセスは、ほんの少しのコードと同じくらい簡単です。不正なエージェントがデバイスにアクセスするために必要なのは、セキュリティの小さな亀裂です。いったん入ると、彼らはより広いアクセスを得るためにギャップを広げることができます。さまざまな種類のマルウェアが混在しているため、ウイルスがどこから来たのかは決してわかりません。サイバー犯罪は常に進化しており、私たちはペースを維持する必要があります。ハッカーがあなたのウェブカメラにアクセスする可能性のある最も一般的な方法のいくつかを以下に示します.

リモートPC技術者

コンピューターにリモートアクセスしたことがあるユーザーは、後で戻ってWebカメラにアクセスする可能性があります。リモートコンピューターの修復が一般的です。技術者はコンピュータにログオンし、自宅に出向かなくてもソフトウェアの問題に対処できます。これらのサービスプロバイダーは彼らの従業員を選別しようとしますが、最高の選別方法でさえすべての悪いリンゴを捕まえることができません。コンピューターに残された簡単なコードにより、技術者は後でコンピューターにアクセスできます.

感染したメール

スパムメールには、感染性のあるコードが組み込まれた添付ファイルを簡単に含めることができます。コンピューターへのアクセスを最小限に抑えるために、送信者が非常に複雑なコードを持っている必要はありません。彼らの足がドアに入ると、少し有能なハッカーでさえ、あなたのウェブカメラやあなたのコンピュータ上の他の情報にアクセスできるかもしれません.

悪意のあるWebサイト

ハッカーは、人気のあるWebサイトのドメイン名に非常に近いWebドメインを購入するために、わずかな金額を投資することがよくあります。彼らのウェブサイトだけに小さなスペルミスがあります。 2つの文字を逆にすると、突然、コンピューターへのアクセスを許可するだけの十分なコードを提供できるWebサイトが表示されます.

メールやソーシャルメディアを介して送信されたリンクも、無警戒なユーザーが悪意のあるWebサイトにアクセスする可能性があります。ハッカーが必要とするのは、あなたが一度だけ彼らのサイトに着陸することです。これは、バックドアを開いて後でアクセスできるようにするコードを提供するのに十分です.

危険にさらされているデバイス?

カメラを備えた使用しているデバイスは、悪意のある使用のためにハッキングされる可能性があります。上記と同じトリックは、ほとんどすべてのデバイスで動作します。いくつかはよりクラックするのが難しいですが、実際にはどのデバイスも最終的にハッキングされる可能性があります。ハッカーは、デバイスにアクセスするための新しい方法を開発するために精力的に取り組んでいます。デスクトップコンピューター、ラップトップ、タブレット、スマートフォンのいずれを使用していても、誰かがあなたのWebカメラを通してあなたを見ている可能性があります。ただし、デバイスを保護するための正しい手順を踏むことで、ほとんどのハッカーを追い払うことができます.

自分を守る方法?

Webカメラの不正使用を防止する確実な方法の1つは、すでに述べられています。レンズにテープを貼るだけで確実に機能します。もちろん、欠点も使用できないことです。 Skypeの使用、カメラでの写真やビデオの撮影、またはソーシャルメディアでのライブビデオのストリーミングを定期的に楽しんでいる場合は、Webカメラを完全に放棄する必要があることにがっかりするかもしれません。.

ウイルス対策プログラムを最新の状態に保つことは常に良いアドバイスであり、コンピューターのセキュリティに対する既知の脅威からユーザーを保護するのに役立ちます。さらに、デバイスのオペレーティングシステムを最新のパッチで最新の状態に保つことで、不正な侵入からデバイスを保護できます.

知らないユーザーからのメールには、フィッシングの可能性があるため、リンクには常に疑いを持ってください。メールが怪しいと思われる場合は、感染の危険を冒すよりも未開封のままにしておくことをお勧めします。会社からメールが送信されたと思われる場合は、有害な可能性のあるメールを開く危険を冒すのではなく、直接連絡して問題を解決してください。.

VPNがあなたのウェブカメラに最適なガードになる方法

ハッカーがコンピュータとウェブカメラにアクセスするには、多くの場合、重要な情報の1つ、つまりIPアドレスが必要です。 IPアドレスは、サイバースペースでのデバイスの場所を識別する一意のコードです。プログラムがオンラインでコンピュータに情報を送信するには、このアドレスが必要です.

VPN接続インターネットVPNは、IPアドレスを非表示にすることでWebカメラを保護します。高品質のVPNサービスを使用する場合、情報の要求はVPNサーバーに対して暗号化されます。次に、VPNは、直接要求されたのではなく、VPNサーバーのIPアドレスに送り返された情報の要求を転送します。その後、VPNは情報を暗号化して送信します。 Webカメラにアクセスしようとする悪意のあるコードには、VPNサーバーのIPアドレスしかありません。 VPNは多くの場合、サーバーを介して常に何百もの他のクライアントを処理するため、この情報はハッカーにはほとんど役に立ちません。ハッカーはデバイスを特定できないため、ウェブカメラにアクセスできません.

VPNには、プライバシーを保護し、限られた地理的領域に制限されたビデオストリーミングサービスへのアクセスを提供する上で、さらに多くの利点があります。 VPNでプライバシーを保護する方法の詳細については、VPNの詳細についての記事をご覧ください。.

Kim Martin
Kim Martin Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me